バトルファックメモ

バトルファック,セックスファイト,イカせ合いに関する情報収集と備忘メモ。BFを連想させる情報と自作SSの公開も。             

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ブログパーツ アクセスランキング

小説版 速攻天国行きの手を持つ女 

soninsiri.jpg

著者 七華妖介
販売サイト wook 七華妖介の官能小説の世界

あの2chスレ「男なんて、すぐにイッちゃう下等生物」の速攻天国逝きの手を持つ女が小説になりました。しかも、著者曰く、この作品は「一部にフィクションを 取り入れたノンフィクション」であると。当時、スレやスレ主の美紀さんのWebサイト「男をイカせることにこだわる部屋」の虜となったワタクシとしては、これは読まねばと購入してみました。

作品の概要は販売サイトの作品詳細説明の通りです。
風俗店の取材で経験豊富なフリーライターが、
2chの「男なんてすぐイっちゃう下等生物」の存在を知り、速攻天女の虜となり、
取材を口実に美紀に会ってイカせ合いをするというものです。


<目次>
序章 17p
第1章「魅せられて」 23p
第2章「接触」 22p
第3章「イカせ合い 其の一」 25p
第4章「出逢い」 25p
第5章「魅惑」 18p
第6章「悩殺」 26p
第7章「瞬殺」 44p
第8章「イカせ合い 其の二」 37p
終章 9p

※以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。



序章~第1章は、導入部分。
主人公「五十嵐直人」が働く出版社でのドタバタ劇と、スレを発見し、
チンポをバキバキに勃起させて先走りでパンツを汚しながら、
夜通し、スレに魅了されてしまいます。
スレに対する著者なりのまとめ、速攻天国逝きの女への評価が綴られています。

第2章「接触」
美紀と連絡を取り、取材を申し込むことに成功する。
歪曲にイカせ合いの体験取材を要望する主人公に、
OKを匂わす美紀。すでに焦らし責めが始まってます。

第3章「イカせ合い 其の一」
美紀とのイカせ合いに備えて、平塚のNo1風俗嬢「リカ」に会いにいく五十嵐。
「ボーナス」でリカ嬢のモチベーションを上げて対戦しますが・・・

第4章「出逢い」
取材当日、美紀の自宅で行き、部屋で待つところまで。
美紀が主人公を部屋にエスコートする様子や、部屋の描写から
美紀の人物像に迫っていきます。
ここまでが前置きでしょうか。ちょっと長いかもしれません。

第5章「魅惑」
30分早くついてしまった主人公を待たせ、
部屋着(表紙のチビTにスキニーデニムのエロい格好)に着替えて仕事を済ませる美紀。
このときから、主人公への焦らしが始まっていますが、
うかつにも「男をイカせることにこだわる部屋」をまともに読んでこなかった主人公は
美紀の手の平で踊らされはじめたことに気がつきません。
仕事を終え、取材が開始されます。
美紀との会話から、美紀の美貌、知性、好奇心、
大人と悪戯っぽい小娘が同居する性格、フェロモン・・・くぅ
若くして大企業で役職のつく仕事をする常識人の一面と、
速攻天国逝きの手を持つ女としての一面を描写し、さらに掘り下げていきます。
美紀さん、すごいイイ女です・・・

第6章「悩殺」
取材が徐々に美紀のペースになっていきます。
手の仕草や言葉で五十嵐を挑発しはじめる美紀。
この辺から、スレやWebサイトで書かれている挑発テクが展開されていきます。
男をイカせるには「視覚」「聴覚」が重要・・・くぅ。
スレ、Webサイトを読んだ面々には、目新しさは感じないかもしれません。
しかし、「取材」を乗っ取り、男を興奮させていく展開は見事です。
主人公のペニスは腹に張り付き、先走りが滲みます。
男の心理描写もすばらしい。
読んでるこっちもフル勃起です。

第7章「瞬殺」
メールでほのめかしたイカせ合いの要請
「出来る限り、突っ込んだ取材」の申し入れを問いただす美紀。
なかなかイカせ合いをさせて欲しいと言えない主人公をオトナの対応で導きます。
・・・「視覚」「聴覚」で主人公をフル勃起させ、射精手前まで追い込む美紀。
最後に、「触覚」・・・射精させるためのトリガーを引きます。
辛くもその責めに耐え抜く主人公ですが、
其の逆、「触覚」を前戯煮、「視覚」と「聴覚」でトリガーを引く美紀を前にして・・・

第8章「イカせ合い 其の二」
壮絶な射精をさせられた主人公。
その後、ベッドで美紀と「イカせ合い」をしますが・・・。
ここでも、スレやWebサイトに書かれたセックステクが高レベルで作品にされていて、
スゴいです。
主人公は美紀の手の平のうえで転がされ、性感ををコントロールされ、
快楽の前に、射精するより前に精神的に屈服させられたあと、
仕上げの大量射精へと突き上げられます。

第9章「終章」
イカせ合い後のやりとりです。
セックスでは散々男を挑発するエロすぎる女だった美紀が、
元の知的でさりげない気遣いのできるイイ女に戻ります。



******
詳しく書きすぎてしまったかもしれません。

後半以降、美紀が主人公の五十嵐を挑発、悩殺して追い込んでいく過程・テクニックは、
先にも書きましたが、スレの書き込みやHPの「効果的な男の勃たせ方」「男をイカせるトドメの一言」を
非常によく研究して書かれています。
「あ、これ読んだな・・・」というテクが随所に出てきます。それらが一連の流れの中で
高いレベルでまとめられていて、二次創作としてもすばらしい。
速攻天女の影響を受けたと思われるスレやBLOGがいくつかありますが、
他の追随を許さぬ出来栄えです。

2chのスレに「速攻天女の誘惑シーンはなかなか良く書けていてマル。ただし、小説の四分の一相当を作者の主張的なものに費やしているため、コスパは微妙。読み飛ばしができる人にしかお勧めできない。あと、速攻天女が理想化されすぎているきらいがあるので、それが許容できる人のみ。」とありますが、概ねうなずけます。
著者があとがきで、風俗の裏側や編集部の個性的な面々を描いてみたかった、と述べていますが、それが前半の前置きの長さになっているようです。

Mな読者をターゲットにした作品の構想もあるようで、今後に期待したいと思います。



******
ところで、スレを発見した当初、ワタクシはこの作品の主人公と同様、夜通し勃起しっぱなしで
速攻天女の書き込みを読んでしまったわけですが、そんな当時を思い出しました。

当時、すでにイカせ合いをしたら男は女に勝てないと思っていましたが、
(KLIXEN、maya、それに散々視覚と聴覚で挑発した後、
 手コキ数秒で男をイカせるAshleyを目にして、確信に変わりました)

思うがまま速攻天女の手の平の上で踊らされ、
人生で最高の屈辱と絶頂を味合わされていく男たち。
どうしても悔しくてたまりませんでした。だけれどエロくて勃起してしまう、
その男たちを介して自分まで性的に屈服させられ、虜になり、
この女とヤりたい(ヤラれたい)と思うわけですが・・・

自らの快感だけを求めるワガママなヘタレM男に
成り下がってしまっては相手にされなくなるだけ。
男女の優越を乗り越えて、性技において好奇心と向上心をもち続け、
実生活でもシャキっとしなければならない・・・
敗北してしまっても心は折れない。
メスに選ばれるオスになろうとする本能を目覚めさせる。
女に興味を持たれ続ける男を目指さなければ。

興奮して心臓をバクバクさせながら勃起してスレを何度も読み返し、
毎晩オナって射精しまくったあとに残ったのは、
そんな気持ちでした。あー、こっ恥ずかしい。

どうしてこんなことを思い出したかといえば、
この作品が、エロ部分だけでなく、
オチのつけ方も秀逸だったからだと思います。
なにこの、妙な爽快感とモチベーションアップの仕方w


<BF度◎ オススメ度◎>

wook 七華妖介の官能小説の世界

 


[ 2011/10/31 ] その他SS紹介 | トラックバック(0) | コメント(11) |

ブログパーツ アクセスランキング
2ちゃんで話題に上がってたので
購入しようか迷ってました。
僕も速攻女スレよんでだから
気になってたんですよね。
読んだ人の詳しいレビューがなかったから
大変参考になりました。
ありがとうございます。
おおむね好評価な感じなので僕も買ってみます。
[ 2011/10/31 09:57 ] [ 編集 ]
詳しい感想があると聞いて2チャンから飛んできました。
全8章ですか。ボリューム的にはどうなんでしょう?
個人的に隙間スカスカな小説だと閉口します。
私はあのスレッドに書き込みしたこともあるので購
入しようか悩んでますがもう少し様子見ですかね。
管理人さん敵には100点満点中で何点くらいですか?
[ 2011/10/31 17:33 ] [ 編集 ]
>速攻女好きさん
いえいえ、こちらこそ、情報いただいて感謝です。お蔭様ではやくにいい作品に出会えました。

>M男爵さん
作品のボリュームは、全240ページ、1ページあたり約17行×約40字です。この記事の販売サイトのリンク先で、試し読みができますが、各章の間に10行分ぐらいのスペースはあるだけで、あとは試し読みページのP5と同じく、ビッチリ文字で埋まっています。ごく普通の文庫本に近いと思います。

100点中何点かですかぁ。90点としたいと思います。10点マイナスしたのは、前半部分の前置きが長く、イラっとしたからです(twitterでもつぶやいてしまいました)。
今年読んだエロ小説/SSの中では1番の出来だと思いますが、ワタクシは速攻天国逝きの手を持つ女に嵌って虜になっている口ですので、その辺りは踏まえて参考にしてください。

この作品を楽しめるかどうか、抜けるかどうかは、過去にスレやWebサイトを読んで抜けたかどうかでわかるような気がします。抜いてしまった方はこれを読んでまた抜いてしまうと思いますし、そうでなかった方はダメだと思います。
[ 2011/10/31 19:44 ] [ 編集 ]
最高ですねこれ!

でも、女の性快楽での屈服を至福としている私としては、主人公がもっと強い男、射精コントロールをもっと長い時間できる男、だったら なおよし!

ダンディな経験を積んだ男が・・・
もっと強気な心理戦が・・・
屈服感が・・・

次の作品期待大です^^
[ 2011/11/20 17:46 ] [ 編集 ]
これでも、主人公の男は頑張った(頑張らされた)ほうだとは思いますw

もし主人公の男が「男をイカせることにこだわる部屋」をちゃんと読んでから女と対峙していたら、心理的な展開が少し変わっていたかも・・・

私も次回作に期待しております。
[ 2011/11/20 20:53 ] [ 編集 ]
懐かしいなぁ、あのスレが小説になっていたんだぁ。
うんうん、なんか感慨深いですよ。
あ、遅ればせながらあのスレのコテハン28才自営です、こんにちは。
あのころ28才自営だった自分も今年でもう40才ですよ。
月日が経つのは本当に早いなぁ。
あの後に本物の南智子さんにお会いすることが出来たりとまぁ
なんか充実した10年でしたね。

出版おめでとうございます。
[ 2012/05/26 21:30 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
Blogご覧いただいて、ありがとうございます。

「28才自営♂」さんのコテハンは覚えております。
そうですか、南智子さんと・・・うらやましいw

私は当時ずっとROMってましたが、
ずいぶんと嵌ったものだと思います。

今後も、ときどきご覧いただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。
[ 2012/05/28 07:25 ] [ 編集 ]
小説がっつり読みましたが、何度読んでも興奮してしまいます。
あとは映像化もしくは音声化してもらえたら、非常にうれしいのですが。。どっかのメーカーさんで採用して欲しいですね。

映像化するなら美紀さん役は乃亜さんあたりでしょうか?
[ 2014/01/11 12:03 ] [ 編集 ]
音声化、映像化…されたら間違いなく買いますw
[ 2014/01/11 14:58 ] [ 編集 ]
姉さん、まだ生きてるんだろか?

久々に来てしまいました。
まだ細々と自営です。w
[ 2017/05/22 16:20 ] [ 編集 ]
お久しぶりです!
美紀さん、逞しく生きてる気がします。
[ 2017/05/23 01:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
記事カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。