バトルファックメモ

バトルファック,セックスファイト,イカせ合いに関する情報収集と備忘メモ。BFを連想させる情報と自作SSの公開も。             

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ブログパーツ アクセスランキング

Revenge 


Revenge by あいあん on pixiv

ホモォには興味ありませんが、これにはたまらず勃起しました。設定は、過去にこの男に責められていた少年たちの逆襲、ということですが、管理人が勝手に解釈すると・・・



女に性技をしこまれた少年たちがバトルファッカーの男に近づきます。相手が少年であるがゆえに油断してしまった男。その隙にチクッと即効性の睡眠薬を注射され気を失ってしまいます。目が覚めると、素っ裸にされた上に身動きをとれないように拘束されている男。「貴様ら何をする」と咆える口を器具でふさがれ、目隠しまでされたところで感じる、少年たちのイヤらしい手指の蠢き。わざと性器を避けて蠢くソレは、何十分、いや数時間も、じっくりと時間をかけて男の体中をフェザータッチで刺激し、あるいは舌で舐め、男が自分でも気がついてない弱点までも丸裸にしていきます。

「○○様(次にこの男と対戦する女」が次の試合で勝てるように、お兄さんを偵察に来たんだよ」と言う少年たち。男の弱点を探り、さらに、新たな性感までも開発しながら、男を責め上げます。男が感じる様に自分たちも興奮し、勃起したペニスを男の逞しい体にこすりつけ始めます。まだ毛も生えていないような少年たちに玩具にされ屈辱感に戦慄きますが、少年たちの手が男のペニスに触れ、指がアナルをほじりネジ入れられると、待ち焦がれていた性器への刺激に --先走りを大量に垂らしながらも、自分が少年たちの責めで性器への愛撫を懇願するほど追い詰められていることなど否定していたはずなのに、あっけないほど一瞬のうちに-- 脳髄が快感に染まり、ヨガリ声を上げてしまいます。

もういつ射精してもおかしくない男を、絶妙な力加減で責めていたぶり、簡単にはイカせず、仕上げとばかりにアナルをほぐし開発し、最後は腕を丸ごと突っ込み、前立腺を刺激していきます。

焦らし抜かれ、手足を拘束されてうまく動かせない状態で、射精に到る刺激を求めて情けなく腰をよじる男。涙と鼻水と涎を垂らしながら呻き、恥も外聞もなく射精を懇願する姿には、もはや雄々しいバトルファッカーの姿はありません。少年たちは、男のプライドが粉々に砕かれ、完全に戦意を喪失して堕ちていく様子を十分に楽しんでから、射精させます。身体中の性感帯を責められながら、ペニスとアナルにトドメとなる刺激を与えられ、今までのどの射精よりも激しい、脳が快感を処理しきれず火花が飛び散り真っ白になってしまうほどの絶頂を味合わされる男。

当然、一度の射精だけで許されるはずがありません。アナルに突き入れた指を前立腺を押しつけられ、マッサージされ、果てには腸壁越しに5本の指で前立腺を掴み揉みしだくように危険な刺激を与えられながら、ペニスもツボを完璧に押さえた容赦のない愛撫で責め上げられ、数十秒おきに射精し続ける男。6、7回もするともはや絶頂しても精液が出ることもなく空砲を撃つばかりだが、それでも萎えることを許されず、快感に耐え切れず失神してしまうまで続く快楽地獄。肉体的にも性的にも鍛錬された身体と精神が災いし、常人では耐えられないほどの絶頂・・・20回以上もイカされ、ようやく失神とともに解放される。

さてこの男、次の試合ではどうなってしまうほでしょうか?

 


[ 2012/05/22 ] イラスト他 | トラックバック(1) | コメント(0) |

ブログパーツ アクセスランキング
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://battlefuckmania.blog41.fc2.com/tb.php/737-e93d9aaa

Revenge by あいあん on pixivホモォには興味ありませんが、これにはたまらず勃起しました。設定は、過去にこの男に責められていた少年たちの逆襲、ということですが、管理人
[2012/05/23 04:13] まとめwoネタ速neo
淫魔の交換条件
淫魔の交換条件
記事カテゴリ

ねこまんま

泉さんの悪女日記 ~魅惑のビデオ・チャット~

旅の仲間対勇者の卵

ペニバンクエスト ドミナ教の生贄

Mystic traveleR -淫謀のヴェールクーラ-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。